男性型脱毛症(AGA)でしてはいけない3つの悪習慣。AGA治療とアミノ酸系シャンプーを併用しよう!

リーブ21が行った「「頭髪の悩み度」調査発表」によると、脱毛進行中の日本国内の人口は推定約4,200万人であると発表しました。

これだけ多くの人が薄毛に悩んでいる中で、正しい薄毛の知識を身に付けている人はどれくらい居るでしょうか?

そこで今回は、男性型脱毛症(AGA)の人がしてはいけない3つのことと、アミノ酸系シャンプーがなぜ薄毛に良いのかご紹介いたします。

男性型脱毛症でしてはいけないこと


薄毛によくないことと言えば、ストレスや食生活の乱れなどが指摘されますが、その中でも最も薄毛に良くないと言われている3つの悪習慣があります。

1、激しい筋トレ


薄毛専門医でも意見が分かれますが、一説によるとAGAを発症している人が薄毛に有効な薬であるフィナステリドやデュタステリドを服用せずにハードな無酸素運動を行うことで、薄毛を進行させてしまう可能性があるとも言われています。

2、過度の自慰行為


過度の自慰行為によって射精回数が増えると、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンが増加すると言われており、いわゆる禁欲することで抜け毛の減少やにきび改善などの効果が報告されています

3、紫外線に長時間浴びる


紫外線に長時間浴びることで、頭皮が硬くなり、血行不良に陥ることが判っています。

薄毛の原因はジヒドロテストステロンによる血行不良と言われているので、AGAを発症している人が紫外線に長時間浴びることで、余計に血行が悪くなってしまいます。そのため、長時の外出の際は帽子をかぶるなどして、頭皮が直接紫外線にさらされないようにしましょう。

AGA治療とアミノ酸系シャンプーを並行しよう


AGAを発症している人は、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは安価な強い洗浄力があるアルコールが配合されたシャンプーと異なり、髪のたんぱく質を守りながらシャンプーすることができるので、薄毛の人やカラーなどをして髪のダメージが気になる人の髪にも良い。

しかし優しく洗い上げるため、アミノ酸系シャンプーには強い洗浄料はありません。

そのため皮脂が多い人には不向きとなるので、自分の頭皮の状態を観察してシャンプーを選ぶようにします。AGA治療と並行しながら、今生えている髪を労わりながらアミノ酸系シャンプーで髪を洗うようにすると、新生毛を守りながらケアすることができます。

まとめ


男性型脱毛症(AGA)の人は、激しい運動や過度な自慰行為、紫外線に長時間浴びることで、薄毛が進行してしまう可能性があります。AGA治療をしている人は、新生毛を守りながら洗うことができるアミノ酸系シャンプーがおすすめ。AGA治療とアミノ酸系シャンプーを並行して、髪を労わる習慣を身に付けましょう。

PAGE TOP