人生を狂わす男性型脱毛症(AGA)とは

「薄毛は遺伝だから仕方がない」と諦めている方が多いですが、薄毛は人生を狂わす原因になることをご存知ですか?

男性の薄毛が「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれていて、ゆっくりと進行する病気です。

今回は、男性型脱毛症(AGA)の基礎知識についてご紹介いたします。

薄毛は人生に悪影響を及ぼす


「薄毛は人生を狂わす」と聞くと大袈裟な印象を受ける人が多いですが、薄毛によって人生の質に悪影響を及ぼす可能性が十分ありえます。

例えば、薄毛であるがために「あの人ハゲてるな」「ハゲの○○さん」というように、取引先や社内で評価を落とされてしまうことや、薄毛であるために自分に自信が持てずに過ごす時間が長くなることで、挑戦できたはずのことができなかったという結果に終わることになる可能性もあるわけです。

そして、これらは薄毛に悩む本人に何の落ち度もなく、自分自身ではどうしようもない薄毛というだけで、どんなにあなたが仕事などを頑張っても、評価されない。あるいは評価を落とされる要因となることもあります。

また、マイナビニュース「薄毛が原因でうつ病を発症することはあるのか‐精神科医の見解は」という記事によると、『薄毛が原因でうつ病を発症する可能性はある』としています。

薄毛が原因で、うつ病になる人も大勢おり、うつ病は自殺の最も多い原因のひとつなので、深刻な悩みです。

その原因として、うつ病を発症する人の傾向として「几帳面」「まじめ」「物事を順序通りに仕上げる」というものがあり、特に“几帳面”というキーワードが、薄毛の人が自身の薄毛に気付いてから、そのことが気になって精神衛生上に悪影響を及ぼすということに当てはまります。

男性型脱毛症(AGA)とは


男性型脱毛症(AGA)とはいわゆる薄毛のことで、全国で1,260万人がAGAを患っているとされています。

AGAはゆっくりと進行していく病気で、額の生え際や頭頂部の髪のどちらか一方、あるいは両方から徐々に薄毛が進行していきます。

これは、脱毛部にみられる男性ホルモンが酵素によって変換された「ジビドロテストステロン(DHT)」が高濃度にみられることが判っており、このホルモンの影響で毛髪の成長期を短くしてしまうため、髪の毛が長く太く育つ前に抜けてしまうことがAGAの原因です。

【参考】AGA-news:http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml

まとめ


男性型脱毛症(AGA)は、男性の薄毛の多くの原因となっており、進行性の病気であるため治療すれは治すことができます。

男性型脱毛症(AGA)に悩んだら、信頼できる医師に相談して治療を開始しましょう。

PAGE TOP